ディスタに行かなかったヲタクがディスタを観た話 - 2

 

ディスタが開幕してからの話。

 

当初、「行かない」という選択にためらいがなかったわたしのところにも、続々とレポが届き始める。

 

 

おい。

 

 

世界、弾き語ったって?

 

 

 

第一後悔ポイントに到達しました。

 

すっかり書くのを忘れていましたが、筆者の担当は加藤さん増田さん

 

 

2018年いろんなことがあって(※1)、おそらくいろんな想いと格闘したであろう加藤さんの、心の叫びのような歌詞。

弱い部分が痛いほど見える。カットバン貼ってあげたいくらい。

 

誰かに悩んで、誰かに頼って、そんな俺も誰かで、どうしようもないじゃないか。

わかる、わかるよ。

わたしたちも貴方にとっての”誰か”だけど、わたしたちじゃ支えにならないかな。いつまでも裏切らないしいつまでも愛してるよ、大丈夫だよ、って、聞くたびに心の中で手紙したためてしまいます。

そんな曲を生で聴けるなんて。

 

 

 

そりゃそうだった。

 

 

ツアーだし。

 

 

忘れてたわ。

もしかしたらカカオで胃もたれしてたんかもしれん。

 

 

筆者、弱い男が好きでして。

普段強がってる人がふと弱みを見せてくると

おいで!!!!大丈夫だよ!!!!!!(泣)

って抱きしめたくなってしまうんですね。

先ほど述べたように、度々手紙をしたためてしまう。

そう、SHINDOI。

 

 

ちなみにこれと同じことが増田くんのソロにも言えるのです。(※あくまでも個人の解釈です)

『Symphony of Dissonance』

歪んだ何かを正そうとしても崩れる何かが怖くて、貴方の代わりはいないってまるで自分や誰かに言っているようで。

初めて聞いた時から増田くんの心の奥に住む不安や強さを垣間見たような気持ちになっていました。

 

それもこれも、生で見て、聞いて、感じて、大泣きしたかったです。

 

今思えば何かを予兆していたかのように思えなくもないですが。

 

 

 

さて、『世界』の話に戻ります。

筆者、極度の手フェチでして。

特に加藤さんの小指が大好きなのですけど。(※今後一切関係してこない情報)

 

いやギター弾かすなら見せろや

と思ったのですね。行かなかったの自分なのに。ね。

 

かなり後悔しました。

ギター弾く男性、いいですよね。

最近発表された『食パン買ってきて(参照:NEWS大集会2020)』もかなり萌えました。

 

 

 

 

そして第二後悔ポイントに到着します。

 

時はツアー終盤、埼玉公演。

 

 

 

 

「増田さん黒髪!」

 

 

 

 

な、何言ってんだ〜(笑)

見間違いかと思った〜

赤髪に戻ったって話?

 

 

しかし、うじゃうじゃ出てくる黒髪レポ。

 

 

ガチだ……

 

 

たしか赤だのピンクだの黄金だのコロコロ変わってたはず。

 

ここにきて、黒。想定外。

 

 

 

 

行けばよかった

 

 

 

 

何を隠そう増田の黒髪担でして。

 

素っ頓狂な髪色をまとった増田くんはわたしの中で人間ではなく「異次元の人」として映るのですが、黒髪になると突然「「「 人 間 」」」になってしまいます。

ロミジュリの時がかなりそれでした。だって黒髪、何より裏設定「大学生」役ですよ??

 

毎度ここで夢女子爆誕☆なのです。SHINDOI(2回目)

 

 

 

そして気づく。

 

東日本の某地方在住の筆者、行くなら「①長野②福井③宮城④埼玉」でしたので、

 

 

ま、まさか、ということは、長野も黒髪……!??まだ間に合う!?!?間に合うわけないじゃん?!!!!あぁどうしよう!!!なんてことをしたんだ!!!!!!誰かチケ余ってない?!!(心の声)

 

 

友人を裏切ってしまった挙句今更行きたくなったなんて言えるはずもなく(言ったところでどうしようもない)。

 

静かにチケ流開きました。初めて。

 

 

ホントに急遽だったので結局スケジュールも合わず断念したのですが。

 

 

 

後悔の念に駆られたまま、わたしの中で静かにディスタ閉幕。

 

そしてそこから止まらないディスタ円盤化の波、STORY企画。

 

 

そしてついに、恐ろしい季節を迎えます。

 

 

ディスタに行かなかったヲタクがディスタを観た話 - 1

内容はタイトルにある通りなのですが。

 

昨晩やっとこさ

NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA

(10/21発売)を観ました。

 

供養できなかった思いが多すぎるあまり

今朝慌ててはてブロを開設し、そのままの勢いで書いています。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

 

筆者は2014年、高校生の頃からNEWSのヲタクをしています。

 

初参戦はWHITE、4人になったNEWSが走り出した頃だったと後々知りましたが、わたしの知ったNEWSは最初から4人でした。

 

  

WHITE、QUARTETTO、NEVERLAND、EPCOTIA、と

 

毎年正月に春ツアーが発表され、申し込み、

 

アルバムを聞く暇もなくツアーに突入するNEWSさんとわたし、を、

 

迷うことなく繰り返していました。

 

今思えばあの曲聴き込む時間のなさ、普通ではない。

 

毎度キラキラとした夢を見させてもらい、毎度おいおい泣く春を過ごし、

 

これこそわたしの青春、と言っても過言ではない。

 

春にとどまらずイチゴにまみれた夏も、宇宙旅行の年越しも。

 

いろんなことがあってどれももう叶わないかと一度は思ったけど、必ず叶えてくれ、その度に心が動いて、胸いっぱいで帰宅しました。

 

 

そんなわたしが、2019年、これまで摂取(?)し続けていた青春を捨てるとも言える行為をしました。

 

 

 

WORLDISTAに行かなかったのです。

 

 

 

ちょうど宇宙旅行を終えてNEWSへの熱は冷めやらぬところでのツアー。

 

どう考えても行くはずでした。行くべきでした。

 

 

そんな2019年1月、事件が起こります。

 

 

 

嵐が活動休止を発表。

 

 

何が起きた?

 

あ、あと2年……???

 

夢か?????

 

 

 

筆者は何を隠そう、2009年から嵐のファンをしています。

 

小学生の頃から、人生の半分を共に過ごしてしまっていました。

 

現場が生きがいの筆者は

春はNEWS、冬は嵐、という

金銭的にも都合の良い()、二股オンナとして生きていた。

 

 

毎朝WSで取り上げられる発表会見を見ては泣く毎日。

 

 

そうこうしている間に、

 

 

気づけば春。

 

ディスタ開幕。

 

 

 

あれっ

 

 

 

 

申し込んでなくね、????

 

 

 

いつも一緒に参戦していた友人に連絡しようとチャットを開くと

 

「長野福井こんな会場らしいよ!」

「行くしかじゃん!?いつにする?」

 

みたいな会話で途切れていました。

 

 

気づいたの3月。

 

 

 

あ。やったな。

 

 

 

Twitter上で嵐ロスに廃れ荒れ果てたわたしを見ていた友人、

 

申し込みどうする?なんてこと言えなかったんだろうと思うと

 

申し訳なさとありがたさと、申し訳なさ、、、

 

 

 

まじごめん!!!( ;  ; )

 

 

とても優しい友人を持ちました。

  

とはいえ、この時のわたしには

友人を裏切ってしまった申し訳なさしかない。

 

そう、申し込み忘れたことに対して焦りがなかったのです。

 

 

嵐に時間とお金を使え

  

イムリミットを大切にしろ

(1秒たりとも見逃すなと言わんばかりの焦りよう) 

 

 

そう、それだけしか頭になかったのです。

 

 

 

今思えば、あの年越しを最後に4人のNEWSを見れなくなるだなんて

思っても考えてもなかった、。

 

 

 

彼らにもタイムリミットはあったのに。

 

 

 

誰が予想できたでしょう。

 

 

 

2ではディスタ開幕後、「盛大に後悔するわたし」編へ続きます。

 

で、お前、いつ観るんや

 

って言わないでください。